のり

のりができるまで

漁師

タネ作り

春、海苔が成熟しタネ(胞子)を放出します。海苔の養殖はタネをかき殻に潜り込ませることから始まります。夏場、タネはかき殻や岩場に張り付いて過ごします。

採苗

かき殻でひと夏過ごした海苔のタネを網に付着させ、栄養塩たっぷりな有明海に網を一枚ずつ広げながら張り込みます。

育苗

タネをつけた海苔網は、支柱式といった潮の干満差を利用した方法と、浮き流しといった方法で丁寧に育てられます。

摘採

海苔は寒い冬の夜から明け方、光合成が行われていない時間帯に摘み取ります。そうすることで草質のよい美味しい海苔が採れるのです。

乾海苔工場

刻み

明け方、船から運び込まれた摘み取ったばかりの海苔(原草)を、真水で洗浄し、機械で小さく小さく切り刻んでいきます。

濃度調整

海苔をちょうど良い厚さに仕上げるため、海苔と真水を合わせていきます。水が多すぎると海苔が薄くなり、少ないと海苔が厚くなります。

板加工

「みす」というスノコのような板の上に乗せた海苔は、脱水され板海苔の形へ形成されます。板海苔のサイズは実は正方形ではなく、全国共通19cm×21cmです。

乾燥

40℃前後の温度で品質によって2時間半~3時間低温乾燥されます。この時点で板海苔の水分量は10%前後までになり、いわゆる乾海苔(業界では生海苔とも呼ぶ)の完成です。

コバヤシで商品化

格付

検査員によって格付けが行われます。海苔の等級は1~7等を基準として150種類以上あり、色調や光沢をみて判断されています。

入札

入札は11月後半から始まり、ほぼ2週間おきに春まで開かれます。応札された乾海苔は各地の焼海苔工場へと運ばれます。

焼き

乾海苔を焼くことでいよいよ焼き海苔の完成です。海苔は同じ等級でも産地が違うとまったく違った焼け具合になってしまい、実は神経を使う最終工程です。

販売

入荷状況により、その時その時の一番美味しい焼海苔や、お得なきず海苔をお客様のニーズに合わせご紹介しています。

のりのおすすめ商品

のり商品紹介

ご家庭用の焼のり

商品名内容金額
佐賀一番板海苔 1帖1,080円
焼のり板海苔 1帖648円
焼のり板海苔 1帖432円
きずのり松板海苔 7枚324円
きずのり竹板海苔 7枚270円
きざみのり竹きざみ海苔 100g1,080円
きざみのりきざみ海苔 30g324円

缶入りのり

商品名内容金額
味のり明太子缶詰 8切52枚756円
味のりわさび缶詰 8切52枚756円
味のりしそ缶詰 8切52枚756円
焼のり缶詰 8切52枚756円
味のり缶詰 8切52枚756円